2013年8月19日月曜日

生まれ変わったFF14! 面白いぞ!


H25.8.17~H25.8.19までのFINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア オープンβテストに参加してきました。

見知らぬユーザーが入り乱れて戦う「F.A.T.E
これが漠然としたプレイをしだしたときに良い刺激になる



結論から言うと、飽きっぽい自分でも2日でLv15まで上げるほどハマってました。
何がどう面白かったかというと・・・





● 世界が壮大


これから何枚かSSを上げていきますが、いずれも設定は「高品位」で、最高品質ではないのですが、それでもあまりの美しさに惚れ惚れします。
グラが綺麗!ではなく、ただの背景、オブジェだけに留まらず、

確かにそこに物が存在して、人が存在して、何かがある。
延々と広がる荒野をただひたすら走って何かを発見するだけでも楽しさがある。

腰くらいの高さを飛び越せない!といったものは、ほぼ無い。
低いテーブルや柵はジャンプで軽々飛び越せるため、とってもバリアフリー!!
様々なオブジェがあるが、その存在が邪魔になることは無い。


乗れる!!!
遠くにある建物も・・・?


ちゃんと入れる!!!!



綺麗な建物だけでなく、細かい地面のでっぱりとかもちゃんと存在する。
非常に作りが丁寧。

ちょっとしたでっぱりにも乗れる。
高いところから着地するとダメージを受けるが、
足場にして着地のダメージを軽減したりもできる。

● FINAL FANTASYっぽい

FFVIII以降のサイバーファンタジーではなく、王道の中世ファンタジーっぽい世界観。
でも全部がそうではなくて、文明が発達した国や、緑豊かな国、ウェスターン!みたいな国がある。
国が違うとNPCの雰囲気が違ったり、居る種族の数に差があったり、プレイヤーも魔法が得意な人が多い国、といった具合になる。

一緒にはじめた仲間とパシャリ

チョコボにも乗れる!可愛い!!
古き良き時代の建造物という感じ



● 時が流れている実感がある

時間が経てば当たり前のように朝になり、昼になり、夜になる。
フィールドを移動していると、突然クエスト(Fate)が発生して、ユーザー入り乱れて狩りが始まる。
NPCが元気に動いている。
プレイヤーキャラも縦横無尽に走り回っている。

それがリアルに表現されている。

実はプレイヤーキャラは一人だけで、他はNPCである。
火も綺麗で、NPC一人一人の性格もこの一枚で何となく感じ取れそう。

前作FF14はあまりユーザーに歓迎されず、最近では話題に上がることも少なくなってきていたけれども、ここまでしっかり作りこんできた(作りなおしてきた?)ならもう心配いらない。
迷わずオススメしても良いゲームだと思いました。


最後にお気に入りのSSを何枚か
ぬわーーー!!! ではない


変態紳士はネトゲには必要である

エモーション遊び
激痛→投げキッスをするとこうなる

後ろで見られてる



太陽の光も非常にリアル

チョコボでフィールドを駆け抜ける!

一緒にはじめた仲間の一人
β終わる前にぱしゃり

(*・ω・*)

緑豊かな国

工夫するとこんなSSをも撮れる


これから紐なしバンジーである

高さはこんくらい

ダイブ!!
このあと体力ギリギリで耐えました

下から見るとこんくらい

β終わる直前に撮影大会
製品版が楽しみというシャウトが多くみられました


最初は、オープンβだけちょろっと触る予定だったのが、思ったより楽しかった!という人が大勢居て、正式も盛り上がりそうです。

やることを決めてる人も悩んでる人も、是非エオルゼアでお会いしませんか!






広告エリア

FF14はコントローラーでプレイしています。
MHF用ですが非常に使いやすい。おすすめ。




マウスはG300 お手頃で使いやすいゲーミングマウス





安価で使いやすいゲーミングキーボード。キーボードは優先順位は低いけれども。

0 件のコメント:

コメントを投稿